私が愛していたのはお金?それともお客さん?part 2

 

その彼と個人的に会いましたが何を食べに行ったのか忘れるほど久しぶりに心が踊ってしまうような楽しいデートだったのを今でも覚えています。

彼の顔はあまり好みではなかったのだけど

男っぽい雰囲気と大きな手と低い声が好きだったな。

 

それから何度目かの時にセックスをしたのにお金を頂けなかった。

忘れたふりをしているのかもう払わなくていいと思ったのかは分からないけれど

その帰り道、ずっとモヤモヤしていました。

やっぱり私・・・この人が好きなんじゃなくてお金をくれるこの人が好きなのかなぁって。

 

それ以降は、連絡をくれてもお金を払わなくてもセックスができるから連絡をしてくるのかなぁと思うようになってきました。

風俗に行かなくても風俗嬢と無料で遊べるだなんてラッキーだもん。

 

そんな風に思うのも嫌で「次回はちゃんとお支払いをして」と言った。

「分かった。」

とだけ言いどう思ったのかは分からないけれどそれ以降は今まで通りまた会うようになった。

 

ディズニーランドにも行ったし沖縄にもいろんな所に泊まりに行った。

お金の関係だったけれども本当の恋人同士のような気分だった。

そんなことが2年経った時に彼がガンになった。

病院にも一緒に行き検査の結果が気になったが本人から「大丈夫だから」と聞いていたのでそのままにしていました。

 

それから彼が入院をしてしまい、毎日ラインをしてお見舞いに行きたいと行ったのだけど断られました。

弱った自分の姿を見られたくなかったのかなぁ。

だんだんと返信が少なくなってきたけれどまだまだ40代前半、治るとばかり思っていました。

 

それから数日に一回のラインが徐々に減り夜中になぜか胸騒ぎがして携帯を見たら、

彼の家族から昨日亡くなりました。と彼のラインから連絡がきていた。

家族に分からないようにトイレで声を出てしまうのを抑えて泣いた。

 

彼の家族と彼の携帯のラインで連絡を取るようになった。

彼の最後の様子を聞いてまた泣いてしまった。

彼は、私より年下で独身。

お正月だったので流石に家族に言う嘘もなくそれから数日後に彼の実家へ行き手を合わせさせて頂いて毎月の命日に1年間だけお花を贈った。

1周忌に来てください。と言われて出席もさせて頂いた。

 

それ以降お墓参りにも行っていないしお花も送っていない。

彼にとって亡くなる前に付き合っていたのが私で良かったのかぁと今でもよく思うことがある。

毎週、私の行きたいところ、食べたいお店に連れて行ってくれてお金の面でも精神的な面でも私の方が支えてもらったと思っています。

 

お金の関係だったけれどもその時は一番彼のことが好きだったのだと思う。

風俗のお仕事をしている女性あるあるなのかぁと思っているけど

どうなんだろう・・・

 

 

明日は、お仕事に少し役立つ記事にしたいと思います。

いつも読んで頂きありがとうございますハート

 

↓ポチッとしてもらえると嬉しいワン!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です