デリヘル嬢りのとしての本音

 

第1号のお客さまとお会いした嬉しさが未だに後を引いている。

なぜ、ここまで嬉しいのか、満足感があるのかを考えてみた。

いつもお店にくるお客さんと待ち合わせの仕方やお会いしたホテル、プレイの内容までほとんど変わらない。

お客さまからいただく金額も今のお店と対して変わらない。ただ、私の手元に残るお金は変わる。

そぉ。お客さまから頂く金額をそのまま頂ける。

それだけでこんなに引きづるほど嬉しくなるものなのか。

もちろんそれも大きいとは思うのだけれどそれだけではないのだと思う。

 

そのお客さまがこんなことをおっしゃっていた。

ブログ村のランキングから他の方のブログを読んだことがあるけけれど、また読みたい、更新を楽しみにしているブログはないそう。

私も他の方のブログをチラッと読んだことがあるけれどほとんどがお店の営業ブログのようなもので残念ながらまた読みたいと思うものはなかった。

 

そりゃそうだろう。風俗に来られる男性向けに書いているのだからきっと私にはつまらないよね^ ^

逆に私のブログのようなものの方がつまらないという方も多いのではないかと思う。

私のブログは、ハプニングバーに行った話だとか、偽装不倫をしたお話だったり、

特に役にも立たない内容のものだし、営業用でもない。

なのでこんなブログから会ってみたいと興味を持ってもらえたことが一番嬉しかったのだと思う。

 

昨日、お店でお会いしたお客さまに言われた。

「なんかりのさんって普通の奥さんみたいでいいんだよなぁ。だから自分も普通でいられる」と。

普通の奥さんみたい。とまぁまぁ言われるので「普通に奥さんだからね。」といつも笑って答える。

 

もう1人のお客さまには、普通の奥さんなのに彼氏もいて変態プレイをしているんだ。とそれだけで興奮をしてもらえた。

お客さんによってはハプニングバーやスワップをしたお話もするし、進次郎さんのお話をすることもあるし、(進次郎さんについてはそのうち書こうと思っています。)

自分の本音をそこまで出せない、出さないお客さまもいるけれど、

やっぱり自分の本音を話せない人とは、相手の本音も聞けないしそこまで仲良くもなれない気がする。

 

3回目の来店をして頂いた先日性癖を告白してくださったお客さまは、一度目が3Pだったので、

毎回どんどんプレイもエスカレートになっていくのかも?と思っていたら、

昨日は、キスをしてギュッとしてナデナデをしながらマッサージをし、

私の膣を舐めたり、触ったりもせず、射精をしたいと思わせるようなそぶりもなく時間が気になり、「そろそろ・・・」と言うと、

もう満足したからイカなくてもいいと言い、「延長しようかなぁ」と。

いつも通りもちろん、断った。延長をするならまた来てくださった方がいいし、満足をするより名残おしいくらいの方がまた会いたくなってもらえるでしょっ。

どうしても延長したいと言われた時は、もちろんお受けをするけれど。

 

「本音で接してくれているだろう。下着をプレゼントしても使ってくれるだろう。」と言われスタジオファイブの下着のセットを頂いた。

もちろん今日から使っている。プレゼントが欲しかったわけでもなくて、

プレゼントをしてもそれを使ってくれるだろうと思われたことが嬉しかった。

写メ日記にもアップをしたから喜んでもらえているかなぁと思ったら嬉しくなる。

 

今月で今のお店を退店する。

今のお客さんにはこちらのブログをちょこちょこお伝えをしている。

自分の本音をさらけ出すようで恥ずかしいけれど、それでも会いにきてくれる人が1人でもいると嬉しいなぁと今からドキドキしています。

 

↓ポチッとしてもらえると嬉しいワン!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です