虜になる上手なキスのお客さま

55歳・・・思っていたよりも軽やかな足取りで年齢よりもかなり若く見える方だった。

久しぶりに味わう緊張感だったが相手が私だと分かった瞬間の表情を見て安心をした。

なんとなく、本当になんとなくなのだけれど、第一印象の相手の表情でそこから始まる90分、120分が安全かどうかを瞬時に自分の中で勝手に察知をするようになっているみたい。

 

年齢も職業もどんな方かも分からない相手と会った数分後には裸のお付き合いをする。

それを怖いと思ってしまったらきっとこのお仕事はできないだろうな。

 

りのの官能レッスンという名の個人デリヘル。

事前に官能カウンセリングメール3往復をさせて頂き、

今までに経験のしたことのあるエッチな興奮や、未経験だがしてみたいことやオプションについての質問、

ブログからどんなことに共感をしていただけたのか、どこに興味を持っていただけたのかも差し支えない程度に教えて頂いている。

文章の内容や雰囲気からこんな感じの方だろうか。と推測をして少しでも不安のないようにお会いできればと思って。

 

質問はしていないのだが、私が安心をすると思ってか、メールでご自身の年齢の明記をしてくださった。

その配慮が嬉しかったなぁ。

 

千種のタオスホテルまでの5分ほどの距離、人見知りの全くしない方なのかな。

ここまでの移動手段のお話、そこからなぜかマラソンをしているお話になった。なぜ、このお話にたどり着いたのか思い出せないけど。

私の中で、マラソンをする方=意思の強い方というイメージがある。

一人で苦しいのに走っているイメージ。私には、マラソンの楽しさがさっぱり分からない。

マラソンにハマる人が多いからこそ、目標を立てませんにも書いたのだが、

やっぱりやってみたいのだ。なぜ、ハマるのかを知りたい。

 

「えーすごーい。」と驚く私に、「車に乗れない人が乗ってみたら意外と乗れる。みたいな感覚だよ。」と。

この分かりやすい例えに「なるほどー。」とますますこの方への興味も湧いてきた。

 

ただ単に走って完走。というようなものではなく毎回、タイムを縮めるような走り方をしていてフルマラソンにも出ているよう。

マラソンをするサークルのようなものがあることも教えて頂き、あとで調べてみたら意外とたくさんあった。

ブログから好奇心旺盛な私に興味を持ってくださったのがわかるほど同じく好奇心旺盛な方だった。

やはり好奇心旺盛な方のお話は、聞いていて面白い。

常に新しいことをしたい私と似ている。趣味も多い。しかし、風俗には行ったことがないという。

 

へ〜。好奇心旺盛な方なのに少し不思議。

お風呂に入り、キスをした。優しく、がっつくキスではない。口臭もない。

稀にいる舌がとても柔らかく、唾液が程よい方だった。私とおそらく同じタイプの舌だ。

こういう舌の人とキスをしていると気持ちよくてエッチな気分ではなく心地のよい気分になる。

 

「舌が柔らかい。」あまりそんな風に言われたこともないのだろう。

触り方もあまり慣れていないのかとても優しく丁寧。乳首ばかりを責めてこない。

よく思う。風俗に来慣れている方=エッチがうまい方ではない。

エッチなことは、相手の方への思いやりが一番出る気がする。

どんなにいいことを言っていても、話をするよりもエッチなことをしたほうが手っ取り早くその方の性格のようなものがわかる気がする。この考えは、偏りすぎかしら?

 

なので、キスをしただけで なんとなくこの人は、こんな人?と頭の中で勝手に想像をしてしまう。

 

お風呂の中で乳首を舐められた。やはりソフトで優しい、そして気持ちいい。

指での触り方も、少し早い動きになってしまい、「もう少し、ゆっくりがいい。」と伝えると

すぐに触り方の変更もしていただけた。

 

風俗に慣れていない方にいつもの自分のエロさ加減を出していいのかどうか迷いながら待ち合わせ場所に向かったのだが、特に気にする必要はなかったみたい。

 

駅までの帰り道、趣味のピアノについてのお話をしながら帰った。

18歳まで習っていたピアノ、子犬のワルツや月の光をよく弾けたなぁとそんなことを思い出した。

別れ際、握手をした。なんだか、健全なデートのような時間だった。

 

興味を持って頂きありがとうございました。

 

 

 

↓ポチッとしてもらえると嬉しいワン!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です