2019年GW前半 ランチは埼玉県戸田市の北京亭へ

 

7年くらい前に1年ほど月に1度、多いと毎週続けて行くほど気に入っていた中華屋さんを思い出しドライブがてらに行ってきた。

綺麗なお店ではないけれどお昼時、お夕飯時には、いつも満席になる。

理由は、安い、早い、メニューが多い、美味しいからだと思う。

全種類制覇をしたくなってしまうけれど、

結局今回も大好きな餃子とあんかけ焼きそばにした。

 

一口、口に入れる。

うん。うん。これ!!この味。美味しいと無言になる。家族も無言で食べていた。

 

    北京亭

 

住所 埼玉県戸田市新曽1739

駐車場 店舗横に4台あり

営業時間  11:00〜15:00 17:00〜24:00

定休日  火曜日

電話  048−431−0035

 

お店の方は全員中国人。

7年経ってもメニューも変わらず、味も変わらず、値段も1000円以上になるものはなく当時と変わらず、

お店にいる方も変わらず。変わらないづくし。

特に変化もなく同じものだけを作り続けているってすごいなぁ。

ただ、何も変わらないと思っているのは私だけで、そこに来る人やそこで働いている人たちの生活の中を覗いたら、きっと大変なことだったり、私には分からない苦しいことや嬉しいことがあったのかなぁ。知りたいなぁ。とそんなことを考えていた。

 

そして当時と変わらないのが、日本語が全くうまくなっていないこと。

中国人同士だから日本語を覚える必要もないのだろう。

 

注文を頼む時も指で写真を指して「これ!」と言う。

なぜか注文の確認をされるのに間違っていることも多いのだが、

「ううん。違う。これとこれね。」と笑いながら日本人のお客さんが優しく言い直す。

こういうのを見ていると本当に日本人って優しいな。と思う。

 

アメリカに少しだけ住んでいたことがあるが、日本人の奥さんと接していることが多く英語を話す必要性を感じなくて旅行で困らない程度の英語しか話せない。

 

せっかくアメリカに住む機会をいただけたのだからもっと英語を話す環境を自分で作ればよかったとちょっと後悔をしている。

 

途中、韓国人の女の子とアメリカ人の家に料理を習いに行っていたのだけれど、

自分の言いたいことが伝えられないことがすごくストレスだった。

もっとお礼や思っていることを伝えたい。本当に伝えたいことを分かってもらえているのか聞きたかった。

日本人同士だって自分の思っていることがそのまま相手に伝わらないことだって多いのに、

他国の人に伝わっているのだろうかとそんなことを思い出した。

帰りに結婚をする前に住んでいたマンションの前を通り、当時のことを思い出して帰ってきた。

 

飽きっぽい私がよくトリマーになるための学校に2年間自転車で立ち漕ぎをしないと上がれないような坂道をよく通ったなぁとか。

柴犬には血が止まらなくなるほど噛まれたし、大型犬のシャンプー時には、ブルブルをされて顔がビシャビシャになってしまったり。

それでも楽しかったなぁ〜と。

 

当時と変わらないままのお店もあれば、ここって何があったっけ?と思い出せないこともあった。

昔のことを思い出し何かを思い出したり感じたり、涙もろくなったのはやはり年をとったということなのかしら〜。

 

昔、通った場所や住んでいた場所へ行ってみたい。そんなことを考えることはありますか?

 

 

 

 

 

 

 

↓ポチッとしてもらえると嬉しいワン!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

コメント

  1. イズ(ジャック) says:

    いつも、素敵なりのさん(^_^)
    ファンの1人として、勝手に応援し続けます(笑)なかなか、東京出張するスケジュールが決定できないけど、必ず会えると信じて毎日頑張ります( ^▽^)

    1. rino says:

      いつもコメント、ありがとうございます♡
      はーい。東京出張の日を楽しみにしております。
      応援もしていただきありがとうございます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です