40代主婦の初10キロマラソン完走記録

気温 30.6度  湿度 57%

一周5キロ、皇居の周りを2周。

制限時間90分、途中7キロから8キロ辺りで歩いてしまったがギリギリ完走ができた。

ギリギリ辺りが私らしい。

ちなみに参加をされていた男性の1位の方は、私の半分の時間45分ほどで完走をされていた。

抜かれたことも気づかなかったけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名古屋に住んでいた頃、マラソンをしているお客さんに教えて頂いたアプリ

Runtastlic 

を使い1ヶ月前からちょこっとづつ練習をしていたが10キロを走れるまでにもいかず。

集合の3時間前に桜田門につき走っている方々を眺めながら考えていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完走できるのかしら?

途中でバテてしまい歩けず、家に帰れるかしら?

(主人はゴルフで迎えには来てもらえない。)

どうして辛そうになるほどの顔や息遣いをしながら人はマラソンをするのだろうか。

少し木陰になっているベンチでぼーっとしながら、

仕事でもない、誰のためでもない自分のために走っているであろう人を見ている時間がすごく心地よかった。

人の頑張っている姿を見ると自分もそうなりたいな。といつも思う。

 

大会の数日前に以前フルマラソンを完走された翌日に個人デリヘル2回目の来店をしてくださった方へメールで質問をさせて頂いた。

 

走っていて辛くなったら何を考えますか?

次の1キロマイルストーン(看板・給水など)がいつくるのか。

 

途中辛くならないようにしていることはありますか?

30分前にアミノ酸を飲んでください。

給水は、必ず寄ること。喉が乾かなくても。

5キロでエネルギーチャージをしてください。飴でもなんでも良い。

前日夜、当日朝は、炭水化物をしっかり取ってお腹いっぱいにしてください。

1キロ7から8分くらいでずっと走ってください。

最初頑張ってあとはダラダラというのは、ダメです。

同じペースで走り切りましょう。

 

では、応援しています。

無理せず楽しんでくださいね。

 

と デリヘル利用の際のプレイ時間はおそらく今の所一番のエロさを感じる方からの普通なメールにクスッとしそうになったが嬉しかった。

 

遅めの夏休み、海外からだったようで間に合うかな。とメールを送った数日後に返信を頂けた。

アドバイス通り、有楽町駅のマツキヨに寄りアミノバイタルパーフェクトエネルギーと塩分チャージのタブレットを購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇居の周り、最初の1周が思っていたよりも長く感じた。

「もー。やだ。やめたい!」

そんなことももちろん考えた。

私は意思も強くはないし、嫌なことはすぐにやめたいと思ってしまう性格だが、

開催をしてくだったスタッフの方が私のゼッケンを見つけ手を振ってくださったり、

お水やスポーツドリンクを用意してくださったり。

「大丈夫ですか?無理しないでね。」とか

「もうすぐ5キロですからね。」という言葉に励まされた。

 

アドバイス通り、次の給水がいつなのかを考えるように走っていた。

5キロを40分で走り終えなんとか制限時間90分で間に合いそうだと思い改めて頑張ろう。と思った。

最初からゆっくりめで走ってはいたが7キロから8キロ辺りで辛くなり歩いてしまった。

次の給水所が見え、また走り始め、「あと1.8キロほどです。頑張ってください。」と言われそこからあと少しだと思い走り始めた。

 

な〜んだ。まだまだ走れるではないか。

歩いたせいなのか、あと少しだと思ったからなのか。

最初のような軽やかなペースでまた走ることができた。

きっと自分で無理だと思い込んでいただけなのだろう。

 

途中、もう絶対マラソンなんてしないんだから。と思っていたのだが

帰りの電車で居眠りをして家に帰ると次のマラソン大会のエントリー先を探していた。

練習をする際に更衣室、鍵付きロッカー、シャワー室完備のランニングステーション(ランステ)というのも結構あるらしい。

一度行ってみようかな、。

 

達成感や満足感、人の優しさや自分の未熟さを感じることのできるマラソン。

 

なぜ、マラソンにハマる人がいるのか。

そこに興味を持ち始めマラソンを始めてみたのだがやっぱり始めてよかった。

もっと長い距離も走ってみたいけど、

やはり10キロは歩かずに遅くても走りきりたい。と思った初10キロマラソン完走記録でした。

 

 

 

 

 

 

↓ポチッとしてもらえると嬉しいワン!

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です